韓国民団 広島西支部

トップページへ トップページへ アクセス地図を見る E-mailを送る

◆民団西支部の広報紙「西便制」WEB版です。 年4回発行の季刊紙です!
◆今回の内容は―― | お知らせ | 西区民まつり | 支部からで〜す! | スピーチ | 忘年会 | コンブ ハプシダ |  など。
◆バックナンバー ・・・ | 特別号 | Vol.6 | Vol.5 | Vol.4 | Vol.3 | Vol.2 | Vol.1 | 

Vol.7 (2007/2/1)
西便制(広報 西支部)



 新しい年がスタートしましたね。
団員の皆様におかれましては、良いお正月を過ごされて元気におられるものと推察致します。
07年が、皆様ににとって幸多き年となりますよう、心より祈念申し上げます。
 私が民団で働く目的は、「在日」という民族が幸福になってもらいたいからです。
韓国人として、または韓国系日本人として胸を張って生きていける社会の創造です。
多くの困難に立ち向かわなければならない茨の道ですが、自分に課せられた使命だと思って、頑張ってまいります。諸先輩・役職員の協力と団員の皆様の暖かい御声援があるからこそできるのです。2007年、皆様からもっと喜ばれる支部を目指します!!

 ◇◇ お知らせ ◇◇

1.定期中央委員会(2月)
 混乱の06年を終え、新しいスタートを切る07年です。どのような活動方針が出されるか、興味津々です。皆様も関心をお持ち下さい。

2.広島県定期地方委員会ならびに定期地方大会(3月)
三機関が変わります。新しい団長が選出され、広島県も新たなスタートです。

3.定期支部総会(4月)
皆様に活動・決算報告を行い、活動方針・予算案を審議する年に1度の総会です。
06年を総括し、07年の飛躍に向かって歩み出す大切な総会ですので、多くの皆様が出席されますよう御願い申し上げます。(昨年同様、美味しい食事が待ってますよ♪)


 ◇◇ 西 区 民 ま つ り ◇◇

06年11月5日(日) 快晴の青空のもと開催されました!
昨年同様、3つの企画にチャレンジ!しました。



一番上へ移動

 ◇◇ 支部からで〜す! ◇◇

T.トワジュセヨ
 皆さ〜ん! 支部の財政は、ヒッパクしています。頑張っても団費が増えません。むしろ、団費の値下げ要請が後を絶たない状況です。このままでは、西支部も夕張市のようになってしまいます。以前にもお話しましたが、団費を補完する新しい財源の確保が急務です。今こそ!「自動車保険」の必要性が高まっていると思われます。東京都豊島支部の成功例に習って、我々も頑張りたいと思っています。今年度は、15万円の収入を得ました。しかし、まだまだ足りません。団員の皆様にとっても新たに財源を必要とするものではないので趣旨をご理解の上、御協力を御願い致します!!

U.パスポート申請について
 再度、お知らせします。パスポート申請時に、戸籍謄本が必須となります。従って、今まで以上に時間がかかります。「最低1ヶ月」の期間を見込んで下さい。
また、「再入国」許可にもご注意下さい。パスポートの有効期間とは違います。方法は2つ。
 @新しいパスポートに移し変えてもらう方法・・・入国管理局へ行く必要があります。
 A新・旧の2つのパスポートを持って海外に出かける。
その他、不明な点があれば早めに支部に御相談下さい。


V.慶尚南道道民会より
 今年も春の「植樹祭」が近づいて参りました。
例年通り、3月後半の出発の日程で旅行を企画致します。詳細が決まりしだいご案内申し上げます。本国の自然景観の創出はもとより、多くの皆様との親交を深いめる良い機会となりますよう、楽しい旅行を企画致します。ご期待ください。


W.韓国語講座 最新情報
午 前午 後夜 間
月曜日ーーーー
火曜日ーー
水曜日ーーーー
 ご覧の通り現在(06年度第4期)、4講座の開催中!です。総勢22名となりました。
初年度は、第1期のみが好調で、以降低迷が続き存続が危ぶまれた時期もありましたがここへ来て、ようやく生徒数も回復し順調となりました。(安堵♪)


         07年度 韓国語講座(3ヶ月) 受講生の募集!!


 ◇◇ スピーチ ◇◇

第1回 日韓(韓日)広島マダン「スピーチ & 交流」
11月11日(土) 広島市留学生会館
主 催 : 広島韓国教育院、広島日韓親善教会
「大 勝」を受賞されたのは、西支部で韓国語を学んでいる「三 笹 雅 代」さんです。

院長、素晴らしい企画をありがとうございました。西支部独自で韓国語講座を始めて、1年半余りでこのような成果が出ました事は、支部の誇りでありとても名誉なことです。
三笹さん並びに教鞭にあたった 金 淑姫 さんに、深く感謝申し上げます。

 ◇◇ 忘年会 ◇◇



一番上へ移動

 ◇◇ コンブ ハプシダ ◇◇


三国時代【 PARTU】です。KNテレビで「朱蒙」というドラマが放送されています。
そこで、今回は「高句麗」の歴史にスポットを当てて見ます。
 まずは「朱蒙」という名前ですが、「弓の名手」のことです。(右の写真参照)
しかし、時代は騎馬と鉄器による戦闘が主流になっていました。今までの武器では「漢」に対抗するのは難しく、新しい鉄器の開発が急務でした。朱蒙が高句麗を建国出来たのは、様々な要素の中でも最先端の武器製造技術の開発が大きく貢献しています。いわゆる技術革新ですね。
それは、産業革命に匹敵するような価値があり、BC37年に建国に成功します。以後、新羅に滅ぼされる(AD668)までの約700年間続くのです。


 ◇ 高句麗の特筆すべき点 ・・・ 04年世界遺産に指定された「古墳群」
 その中でも「古墳壁画」には大きな特徴があり、韓国古代の三国の中で高句麗に集中しています。
6世紀のもには東西南北に「青竜・白虎・朱雀・玄武」という四神図が描かれています。あ!!どこかで見ましたネ♪そう「高松塚古墳」です。明らかに高句麗の古墳壁画です。どう言うことなのでしょうか?
高松塚古墳は、高句麗滅亡後、亡命して来た王族の墓であり、帰化人と日本人との共同制作であるという説があります。歴史のロマンを感じますね。以前にも書いたように、日本の古代史は韓半島との関係を抜きに考えることは不可能のように思います。
 皆さん!朱蒙が鉄器騎馬で戦っていた頃、日本は弥生時代、真っ最中!やじりや弓が貴重品だったのでしょうね。そのような後進国が韓国に領土が持てるの?
ドラエモンに頼んで、検証して見たいですネ♪

 ◇ 中国への反論!!
04年、中国政府は高句麗が自国の地方政権であるとの認識を打ち出し、韓国から激しい反発を受けたことは、皆さんも良くご存知だと思います。結論から申し上げます!現在の中国東北部は「中国にあらず」。本来は独立国家地域であって、清国の流れから併合したまでである。

 ○ 仮説的反論を試みます♪
  (1)中国の歴史上の国家とその領土
  (2)中華意識と多民族国家の矛盾

 現在の中華人民共和国は、中華連合王国と呼べる存在であり歴史上、中国東北部を支配した漢民族の国家は「明」のみである。むしろ全中国を支配したのは、他民族の蒙古族「元」や満州族「清」である。歴史的に見ても、黒龍江省・吉林省地域は他民族による国家が勃興して、独立国家の興亡の歴史がある。ここに、中華思想の矛盾と問題点を見る事が出来る。 紙面が足りなくなりました。
次回への継続をお許し下さい。


韓国民団 広島西支部
〒733-0023 広島市西区都町21番6号  TEL (082)292-7356 / FAX (082)292-7388  E-mail : mindan-nisi@hi.enjoy.ne.jp
Copyright © 2009 MINDAN Hiroshima West Branch. All Rights Reserved.